土地の価格と世帯の特徴|住まい探しに必要な重要ポイント|不動産会社に頼る

住まい探しに必要な重要ポイント|不動産会社に頼る

男の人

土地の価格と世帯の特徴

模型

川西市は兵庫県ですが、大阪府の池田市に隣接するために、大阪府とのアクセスに優れています。また川西市からは、能勢方面への電車のターミナルにもなっています。能勢方面は新興住宅がたくさん存在するために、川西市はそうした人の受け皿にもなっているのです。そうした川西市は隣接する池田市よりも、土地の価格が安めになっています。土地の価格が高いところというのは、新築一戸建てよりもマンションを建設することが増えます。マンションを建設すると、高い土地の価格を集団で分割できて安く購入できるのです。しかし川西市は、先述のように土地の価格が安いので、新築一戸建てであっても価格が高騰しません。したがって川西市では、新築一戸建てを購入する割合が多いのです。加西市に住宅を立てる場合には、まずハウスメーカーや不動産会社に問い合わせる必要があります。また、建売なのか注文住宅なのかでも工程が変わってくるので、まずは最寄りの不動産会社を頼ってみると良いでしょう。

さらに川西市の周辺には、有名な大学や高等学校が数多く開学しています。学校が多いということは、学生が多いということです。そのため川西市は、学生の子供を持つ世帯が多いのです。学生を持つビジネスマンの世帯は、一世帯の人数が5人程度になることも珍しくありません。そのため、比較的一戸建て住宅に住む方が多いエリアとなっています。しかし、一方で賃貸物件の数も決して少なくありません。短大や大学のキャンパスも存在していることから、春先になると賃貸物件の数も多くなります。そのため、どんな世帯でも比較的住みやすいエリアと言えるでしょう。